2010年04月20日

志摩ギターを楽しむ会 例会 第7回ギターコンサート


日時:2010年5月8日(土曜日)開場 午後6時30分 開演午後7時

場所:阿児アリーナ ミーティングルーム

会費:1,000円(秋の分も含む)

•会員以外でも当日受付で入会できます
•中学生以下の子どもは無料(親と同伴のみ)


演奏)

・ギターソロ 小林恵子さん

 あの日に帰りたい  松任谷由実
 前奏曲第11番    タレガ
 聖母の御子     カタルーニャ
 エンターテイナー

・ギターソロ 吉川伸幸さん
 スペイン組曲ガスパ ル・サンス

・ギターソロ 広垣進さん
 春のあこがれ    モーツァルト
 水神の踊り     フェレール

・Dr.井本先生のソロ

・ギター二重奏 広垣進さん&吉川伸幸さん
 アダージョ     アルビノーニ


 ☆広垣さんのブログ(私の音楽日記)
    http://blog.goo.ne.jp/hiro7167/


posted by さっとん at 12:37| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生稼げる「自分」をつくる! 株式会社代々木高校校長 一色真司 著

 あたらしものが好きな僕は、先週の金曜日にオープンした喫茶店“ランプ”に入ってみました。

昔の納屋をイメージした建物で、入ると左が喫煙者、右が禁煙席と別れてます。

コーヒーも今はやりの泡が少しあり、炭焼きに少し似たここちいい苦みを感じがしました。

コメダ珈琲と同様に何時間いてもいやな顔をされないので、おしゃべりが好きな人にはいいかもしれません。

帰りに店員さんから卵6個をどうぞといただきました。


 その後、週刊誌を買いに作田書店に寄るとたまたま「一色」という名前の本が目に入りました。

どこかで聞いた名前だと思いなにげなく本を取ってみると、代々木高校の校長先生の一色さんで「大和書房から本も出してるのか」と驚きました。

 さっそく購入して読んでみると、仕事と人生のヒントということで若い人向けに書かれているのかもしれませんが、おっさんにも十分ヒントをもらえます。

・何があっても生きていける自分をつくりたい人。

・自信はこれっぽっちもない人。

のために書かれた本です。


年齢によって「やるべきこと」を背伸びして一足飛びに先のことを学んでも結局うわすべりになり、本質に迫れません。

そのやるべきこととして、

周囲から信用されることがまず第一段階(子供〜中高時代)。

その後、「自分はどうしたいのか」を考える時期。

 このステップを踏まないままに先のステップを歩み始めている大人があまりに多いことを指摘しています。


幼い頃に無条件の愛をそそがれずに、人を信用できない大人になっているのなら、誰かを無条件に愛することで「信用」を手にできるかもしれません。

土壌がしっかりしていれば、いつからでも自分の力でやり直せるのだと思いました。

後悔の貯金は非常に多い僕ですが、食いっぱぐれないために必要なのは学歴でも資格でもないということを再認識させてくれる「当たり前」がガラガラと崩れる時代に読んで絶対損はしない本だと思います。


一生稼げる「自分」をつくる! 株式会社代々木高校校長 一色真司 著

posted by さっとん at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。