2010年04月25日

三ツ矢のりお後援会 “志摩ブロック春のつどい”

 11時30分に合歓の郷で『三ツ矢のりお後援会 “志摩ブロック・春のつどい”』に行ってきました。


約500人ほど集まり、大口市長、山本・中嶋県議、森市議会議長の祝辞の後に、三ツ矢代議士が20分ほど政治の裏話もまじえながら今の日本、志摩市の状況をわかりやすく話してくれました。


 まず普天間の5月解決は無理で、6月に鳩山首相が辞任というのは織り込み済みのようです。


 高速道路の料金見直しで割引がなくなりますが、得をするのは都会人の2割で大部分の人は負担が増えます。

 
 国会でも前原国土交通大臣(よく切れる)につぶれた会社である日本航空に税金1兆円(農家の所得保障+高校無料化+高速道路で1兆円かかるそうです)を投入したことの説明責任を問いただしたらブチぎれたそうです。


 前原さんや原口さん(総務大臣)は、松下政経塾の出身ですが、組織で働いて運営してきた経験がないので人の使い方(官僚、役人など)を知らないと指摘されてました。

閣内で好き勝手な意見が膨張していき、まとめられなくなってます。


民主党政権が発足して8ヵ月経ちましたが、地域医療、学校の耐震化の予算は半分に削られ、税金を使うことばかりで、個人・企業が稼ぐ政策が全く見えない。

 都会はまだいいが、観光・真珠・水産業においてもとても厳しい状況です。

デフレで魚の値段もあがりません。(クリーニングもです)

地方はどんどん悪くなっているといっても過言でありません。



 三ツ矢代議士は与謝野さんの勉強会に3年間参加されてたので「離党するのか?」と尋ねられるそうですが、自民党を再生させなくては日本の未来はアメリカに見捨てられ、中国にいいようにあしらわれる様相が出てきてます。


10年後には中国の属国になる可能性さえ否定できません。

 事業仕分けのようなパフォーマンスでなく、正攻法の政治が必要だと強く訴えてました。



 その後、バイキングで近くのおばさんらの料理をもって行ってあげたら、「おいしい料理とかっこいいお兄さん(わし)が持ってきてくれてホントとっても幸せ」と感激されてましたとさ。

100425_123915.jpg
<三ツ矢代議士真ん中>


posted by さっとん at 14:04| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

これからよくなる。

今日は一日さわやかに晴れて快適な日でした。

 昨晩はGEOに「チュモン」を返しにいった後、友人の家で話をしていてました。

「おれ、今すごく将来が不安なんや」とこぼしてたので、

「僕が高校3年の時は、進路の森先生が銀行に入ったら日本が滅びん限り将来絶対安心やと言ってたけど、小渕さんの頃に銀行傾き始めたし、先のことは誰にもわからんで悲観的に考えるのはええことないのと違うか?」と言うと

「ここらに米軍基地もってきてほしいわ、そしたらおれの子供らも都会に出てかんでも働けるで」とほんわ家のお好み焼きを食べながら語ってました。

 「ここらの人が反対するやろ、志摩は観光と違うかな」と逆に質問すると、

「愉快リゾートのような格安ホテルがオープン、大資本が田舎まで進出してきて個人経営を食っている喫茶店やクリーニング店同様かなりお客さんを取られてような状態」のようです?


 僕が高校を卒業する頃、携帯電話がなかったようにこれからどんなに変化していくかは予測がつきません。


「人間はその脳の構造から将来を悲観的に見るが、未来はかならず今より良くなるのが歴史的事実だ」という武田教授のブログを読んで“なるほど”と共感してました。


そのあと“「たぬきち」のリストラなう”を読んでいると、そんな楽観主義が吹き飛んでしまいました。

たぬきちさん(45歳)が大手出版社(光文社)をリストラされている様子を克明に記されていてサラリーマンもとても厳しいことを実感できます。



posted by さっとん at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

絶望よりもひどい残酷

 今週は雨とくもりの日が多く、新聞にも野菜が高騰し始めているとの記事が少し気にかかります。


 20日にあった志摩スペイン村ロードパーティーは、9千人ものランナー&ウォーカーが集まった大イベントだったとボランティアに行ったお客さんから聞きました。

僕は今年は予定があり、参加しませんでした。


ボランティアも千人近く参加者がいたそうで、いつもナース帽を持ってきてくれるる50代のおばさんは、「私は、給水所にいて選手たちにポカリや水を渡す係やったけど、ランナーの人らほとんどから“ありがとう”っていうてくれて本当に楽しく素敵な一日だったわ」と言われてました。


このハーフマラソンのコースは、パール道路鳥羽方面の勾配の大きい坂道から入るので、ロイヤルホテルまで戻ってくるまでにばててしまう人が多いのです。

そのあと伊雑ノ浦(いぞうのうら)の周囲を走るので結構きついのですが、「がんばって」と声援を送ることで自分も元気をもらえたようです。




 5時過ぎにギャオで『巨人の星』を見てたら、飛雄馬が看護婦の日高美奈と出会い、恋に落ちるのですが、「この世には絶望よりもひどい残酷がある」ことを思い出さされました。

若者は都会に出て行き医者のいない年よりばかりの集落で、小さな診療所に働く美奈に隠された秘密。

梶原一騎は心理描写の天才だなとあらためて思いました。


 そのあと、親戚のおじいさんから「わし酒飲んでしもていけんで、煮物を作ったであんた取りにおいない」と連絡がありました。
 
posted by さっとん at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

チャームクリーン 「春の大謝恩祭」に参加


(売出し内容)

(イ)売出期間  平成22年4月24日(土)〜30日(金)の1週間

(ロ)抽選日   平成22年5月2日(日) 
         志摩市商工会(鵜方)にてダーツによる宝くじ方式で大抽選会を行う。

(ハ)抽選券   売出期間中1000円のお買い上げに対して1枚進呈

(二)商品引換  志摩市商工会本所及び各支所

(ホ)景品    特賞  37型液晶テレビ   2本

         1等   任天堂Wii 炊飯器 高級松坂肉など15本

         2等   1万円お買い物券  20本

         3等   5千円お買い物券  50本

         4等   2千円お買い物券 100本

         5等   1千円お買い物券 200本

         6等   5百円お買い物券 500本

posted by さっとん at 22:59| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

志摩ギターを楽しむ会 例会 第7回ギターコンサート


日時:2010年5月8日(土曜日)開場 午後6時30分 開演午後7時

場所:阿児アリーナ ミーティングルーム

会費:1,000円(秋の分も含む)

•会員以外でも当日受付で入会できます
•中学生以下の子どもは無料(親と同伴のみ)


演奏)

・ギターソロ 小林恵子さん

 あの日に帰りたい  松任谷由実
 前奏曲第11番    タレガ
 聖母の御子     カタルーニャ
 エンターテイナー

・ギターソロ 吉川伸幸さん
 スペイン組曲ガスパ ル・サンス

・ギターソロ 広垣進さん
 春のあこがれ    モーツァルト
 水神の踊り     フェレール

・Dr.井本先生のソロ

・ギター二重奏 広垣進さん&吉川伸幸さん
 アダージョ     アルビノーニ


 ☆広垣さんのブログ(私の音楽日記)
    http://blog.goo.ne.jp/hiro7167/


posted by さっとん at 12:37| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生稼げる「自分」をつくる! 株式会社代々木高校校長 一色真司 著

 あたらしものが好きな僕は、先週の金曜日にオープンした喫茶店“ランプ”に入ってみました。

昔の納屋をイメージした建物で、入ると左が喫煙者、右が禁煙席と別れてます。

コーヒーも今はやりの泡が少しあり、炭焼きに少し似たここちいい苦みを感じがしました。

コメダ珈琲と同様に何時間いてもいやな顔をされないので、おしゃべりが好きな人にはいいかもしれません。

帰りに店員さんから卵6個をどうぞといただきました。


 その後、週刊誌を買いに作田書店に寄るとたまたま「一色」という名前の本が目に入りました。

どこかで聞いた名前だと思いなにげなく本を取ってみると、代々木高校の校長先生の一色さんで「大和書房から本も出してるのか」と驚きました。

 さっそく購入して読んでみると、仕事と人生のヒントということで若い人向けに書かれているのかもしれませんが、おっさんにも十分ヒントをもらえます。

・何があっても生きていける自分をつくりたい人。

・自信はこれっぽっちもない人。

のために書かれた本です。


年齢によって「やるべきこと」を背伸びして一足飛びに先のことを学んでも結局うわすべりになり、本質に迫れません。

そのやるべきこととして、

周囲から信用されることがまず第一段階(子供〜中高時代)。

その後、「自分はどうしたいのか」を考える時期。

 このステップを踏まないままに先のステップを歩み始めている大人があまりに多いことを指摘しています。


幼い頃に無条件の愛をそそがれずに、人を信用できない大人になっているのなら、誰かを無条件に愛することで「信用」を手にできるかもしれません。

土壌がしっかりしていれば、いつからでも自分の力でやり直せるのだと思いました。

後悔の貯金は非常に多い僕ですが、食いっぱぐれないために必要なのは学歴でも資格でもないということを再認識させてくれる「当たり前」がガラガラと崩れる時代に読んで絶対損はしない本だと思います。


一生稼げる「自分」をつくる! 株式会社代々木高校校長 一色真司 著

posted by さっとん at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

朱蒙(チュモン)

 ここ3日ほど冬が舞い戻ってきたように気温が下がり、しまう予定だったジャンパーやダウンジャケットを取りにくるお客さんもいました。


 昔、英語教室の教材を売っていた時に同僚だった一宮の川上君「チャングムで日本と並んで、チュモンで日本を追い抜いた、韓国恐るべし」


珈琲店のさっこちゃん「もう日本のドラマに戻れない」


と僕の周囲には熱狂的な韓流マニアがいます。



韓流ブームは過ぎ、鳩山総理の奥さんのようなおばさまなどコアのファンがいるだけと思っている方が多いのではないでしょうか?


 僕自身今まで見た韓国ドラマでよかったのは、「雪の女王」「チャングムの誓い」「魔王」ですが、朱蒙(チュモン)はそれを超えるほど素晴らしい物語になってます。

韓国では視聴率が50%を超えたそうですが、これははまっても仕方ないかも。

81話もあるのですが、一日2話ぐらいのペースで見ています。

posted by さっとん at 19:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。