2010年04月29日

私の中のあなた

 白血病に侵された2歳のケイトの命を救うためにドナーとして生まれたアナが、11歳の時に両親を訴えます。

ガンという病気の恐ろしさをリアルに描いているように思いました。(血などが苦手な方には向いてないかも)


 最初は、アナがいろいろな検査や手術がいやになったためかと思いましたが、もっとシンプルな理由でした。

「どの視点から考えるか」を再考させてくれます。


 http://watashino.gaga.ne.jp/
   (私の中のあなた)




posted by さっとん at 16:46| Comment(0) | 映画(ドラマなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆうちょ銀行はどうすべきなのか

☆郵貯の収益基盤は民間銀行に比べて脆弱(ぜいじゃく)


2008年度末 
          総資産      業務利益
 ゆうちょ銀行   212兆円      1800億円
 三菱東京UFJ    148兆円      7280億円

 ※収益性が低いので上場は困難


☆ゆうちょ銀行の経営上の問題点

 ・金利リスク(最大の国債保有者)

 ※日本の財政が危機的状況
   ↓
  国債の利回りが上昇(価格は下落)懸念
   ↓
  国債の所有者が評価損を被る(こうむる)。
   ↓
  ゆうちょ銀行が赤字決算
   ↓
  税金が増える

  
  <預入限度額1000万円⇒2000万円>
   
  郵貯残高の増大→金利リスク増大(デメリット)
          
          規模の拡大→1円あたりのコスト下がる
                 (メリット)

  ・貸出業務強化はノウハウ乏しく非現実的

 ※民営化の究極の狙い
   郵貯を立派な民間銀行に仕上げて株式を公開すること


☆郵便局会社への手数料引き下げが必要(大胆にメスを入れる)


  
 ※郵貯の段階的規模縮小(結論)


 (日経4/27 経済教室 鹿野嘉昭  同志社大学教授)

郵政民営化
posted by さっとん at 11:51| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

郵貯拡大のツケは、若者に回る

 ゆうちょ銀行の預入限度額が1千万円から2千万円に倍増するのはなぜか?

・郵政事業全体の黒字化

・国債の安定供給

 
 郵便事業は構造的な赤字構造(リストラ、組織再編行われてないのが大問題)日本郵政グループの黒字化を実現するためにゆうちょ銀行の業務拡大必要。


 ゆうちょ銀行(形式上民間銀行、非効率な怪物銀行→経済の効率的な資源配分を阻害するおそれがある)は、

・今までは財政投融資(国が特殊法人に資金を供給)の源泉を確保する使命があったが、これからは縮小するか廃止すべき。

・競争相手は、地域・中小金融機関

・破たんリスク少ない(国債に多く投資しているので)→国債の単なる受け皿と化している

・過剰な預金保険料を払っている



国民に対しては

 ・保証限度額はむしろ下げるべき(自己責任意識を浸透させろ)

 ・必要以上に預貯金の形で富を保有するのは合理的でないことを学べ


 (日経新聞 4/26 経済教室 大村敬一 早稲田大学教授)


郵政民営化

 
posted by さっとん at 19:16| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット開始から122日で8キロやせる

 昨年のおおみそかから始めて今日はじめて72キロを切りました。

体脂肪率も20%を切り(開始時は26%=肥満判定)、ズボンがゆるくなってしまいずれてきます。

 久しぶりに会ったジムのきれいすぎるコーチからも「ナカジマさん、すごくやせたことないですか?」とどうやって体重を落としているのか聞かれました。

ラーメンもアイ食いもしながらも苦しまずにここまできたので、この調子を5月も維持し、目標の68キロに望みたいです。

posted by さっとん at 18:47| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

100427

I've just gotten word that he's going to be transferred to the Osaka branch.

Do you have evidence that your hasband cheated on you?
posted by さっとん at 15:37| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵政民営化はどうして見直さなければいけないのか?

 日経新聞は取っているものの人から「亀井大臣の郵政民営化見直し」は、よい選択なのか悪い選択なのか洗濯屋でもわかりません。

というよりも4年前に郵政民営化をみんなが支持したのに、大きく期待を外してしまいました。

僕は、そんなことには全く興味もなかったのですが、「思考ノート」をつけることで問題意識を持つようにしています。

 
読解力とは、自らの目標を達成し、自らの知識と可能性を発達させ、効果的に社会に参加するために、書かれたテキストを理解し、利用し、熟考する能力である。
 (大人の「思考ノート」のつくり方 深谷圭助 著 P13 )


小泉・竹中が悪いとかマスコミの報道に乗って主張するのは簡単ですが、郵政民営化のメリット、デメリットは何かを具体的に説明できることが読みが深いと言えるのではないでしょうか?

僕の「思考ノート」より、郵政民営化のメリット・デメリット

メリット

・350兆円が民間のものになる
・公務員でなくなる(24万人)
・規制緩和でコンビニ、物品販売が可能
・国債発行残高の約30%引受け
・税金を国(法人税)や市(固定資産税)に収める
・無駄な施設を作らなくなる
・財政再建の一つ
・官僚・公務員が第三セクターなどで私腹を増やさなくなる
・国の負担が軽くなる?

デメリット

・集配局再編で配達時間が遅れたり、過疎切り捨て
・郵便と貯金が別になり、配達員に年金引き出しなど頼めなくなる
・税金が減る 公社:国庫納付金50%/利益
       民間:法人税 最高税率40% 赤字なら0
・PC、携帯などの普及で郵便事業が赤字になる
・個人情報を盗みやすい
・ゆう貯・簡保がアメリカにわたる(350兆円)
・手数料があがる
・利益をあげないと閉鎖になる
・サービスを受けられない人が出てくる
・倒産・買収のリスクが出る
・国債が回らなくなる



郵政民営化
posted by さっとん at 15:28| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メガネをなくして小一時間さがす

 朝、顔をせっけんで洗ってごはんを食べて新聞を読もうとした時にさっきまでかけていたメガネがありません。

3分前に巻き戻して行動をチェックしてみますが、台所にも洗面所にも仏壇にもありません。


神かくしにあったのかと思うほど、ついさっきまであったメガネが見つかりません。

メガネの橋爪があくまで2時間もあり、配達がちょっと不安(スペアがないので)でした。


途方にくれてトイレに入ったらポケットから落ちていたようで、便器の横にありました。

 あるものがないのはつらいものだと朝から教訓になりました。


 
posted by さっとん at 12:09| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。