2010年02月28日

人間失格3 第三の手記1(132〜162)

 鎌倉の心中事件で起訴猶予となり、政治家の父親の支持者である東京の大久保医学専門学校の近くにあるヒラメ(渋田)の家に居候という形になりました。

実家とのつながりは断ち切られ、わずかな仕送りだけ送ってもらいます。

40過ぎで独身のヒラメは書画の骨董商を営んでましたが、再度自殺をされてはかなわないと「絶対に外に出てはいけませんよ」と何度も念を押すのでした。


 3月末のある夕方、ヒラメは葉蔵を階下の食卓に招いて、まぐろのさしみとお銚子で酒を勧め、「これからどうするつもりです、いったいこれから」と執拗に尋ねます。

答える気力も今はない葉蔵にヒラメが「何でも相談してくださいよ。それでどうする気なんです」と回りくどい言い回しで質問してきます。

「画家になりたいんです」と葉蔵が答えると、「へええ?」と小馬鹿にしたような表情で、「もっとしっかり将来のことを考えなさい」ととがめられます。


 その後、友人のいない葉蔵は画塾の先輩だった堀木に会いに行きますが冷たくあしらわれます。

帰り支度をしている時に新宿の雑誌社で堀木の漫画のカットを取りに来ていた28歳のシズ子と帰り道をいっしょに帰り、葉蔵は男めかけのような生活が始まります。

シズ子の子供で5歳のシゲ子の遊び相手として居候となります。

男勝りの甲州女のシズ子の世話を受けながらも、自分の漫画もシズ子のおかげで連載も少しさせてもらえます。

葉蔵はシズ子から脱出しなければと思いながら、シズ子に対しておどおどしなければならない結果になったのでした。



posted by さっとん at 20:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。