2009年12月09日

グラン・トリノ

 月曜日(7日)に鵜方の棲鳳寺(せいほうじ)で「ダキニ尊大祭の御祈祷会」があり、僕は午後4時過ぎに行ってきました。

そこで「平成22年度曹洞宗宝歴」と「棲鳳寺だより」をいただきました。

「棲鳳寺だより」の住職より、近年都市部においては「直葬(ちょくそう)という葬送形態が増えてきて、通夜や葬式も行わなず、火葬と納骨だけで済ませることが増加してきているのだそうです。

しかし、この形態では、この後も故人を「仏」として供養することができないので、様々な支障が生じてきます。

愛する人の死というのは、突然訪れるので、「迷い」「惑う(まどう)」ことは当然ですが、そこで故人にあらためて感謝し、「死」というものと向い合う機会を大事にしてほしいとのことが書かれてました。




 クイント・イーストウッド主演、監督の“グラン・トリノ”をみて、普段の生活でも「迷い」「惑う」ことが多い自分に多くの教訓をもらえたような作品でした。

78歳で頑固なおじいさんであるウォルト(クイント・イーストウッド)は、二人の息子夫婦ともしっくりいかず、苦虫をつぶしたような毎日を送ってます。

朝鮮戦争で13人も人を殺したことが今でも頭から離れず、人とのコミュニケーションを拒絶します。

亡くなった奥さんの遺言で、「教会で懺悔(ざんげ)するように」とのことで牧師から勧められますが断固拒否します。

隣に引っ越してきた東洋人の家族を差別しながらも、車を盗んだタオとの交流の中でお互いを認め合い、「男とはどうあるべきか」「仕事の厳しさ」などを諭していきます。

 タオにたかる不良グループに対抗したウォルトがうらみを買い、タオたち家族の平穏な生活を取り戻すために不良グループに一人で向います。

笑えるところはあまりありませんが、考えさせられる作品だと思います。


 http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/#/top
 (グラン・トリノ)
posted by さっとん at 22:56| Comment(0) | 映画(ドラマなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。