2009年12月09日

グラン・トリノ

 月曜日(7日)に鵜方の棲鳳寺(せいほうじ)で「ダキニ尊大祭の御祈祷会」があり、僕は午後4時過ぎに行ってきました。

そこで「平成22年度曹洞宗宝歴」と「棲鳳寺だより」をいただきました。

「棲鳳寺だより」の住職より、近年都市部においては「直葬(ちょくそう)という葬送形態が増えてきて、通夜や葬式も行わなず、火葬と納骨だけで済ませることが増加してきているのだそうです。

しかし、この形態では、この後も故人を「仏」として供養することができないので、様々な支障が生じてきます。

愛する人の死というのは、突然訪れるので、「迷い」「惑う(まどう)」ことは当然ですが、そこで故人にあらためて感謝し、「死」というものと向い合う機会を大事にしてほしいとのことが書かれてました。




 クイント・イーストウッド主演、監督の“グラン・トリノ”をみて、普段の生活でも「迷い」「惑う」ことが多い自分に多くの教訓をもらえたような作品でした。

78歳で頑固なおじいさんであるウォルト(クイント・イーストウッド)は、二人の息子夫婦ともしっくりいかず、苦虫をつぶしたような毎日を送ってます。

朝鮮戦争で13人も人を殺したことが今でも頭から離れず、人とのコミュニケーションを拒絶します。

亡くなった奥さんの遺言で、「教会で懺悔(ざんげ)するように」とのことで牧師から勧められますが断固拒否します。

隣に引っ越してきた東洋人の家族を差別しながらも、車を盗んだタオとの交流の中でお互いを認め合い、「男とはどうあるべきか」「仕事の厳しさ」などを諭していきます。

 タオにたかる不良グループに対抗したウォルトがうらみを買い、タオたち家族の平穏な生活を取り戻すために不良グループに一人で向います。

笑えるところはあまりありませんが、考えさせられる作品だと思います。


 http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/#/top
 (グラン・トリノ)
posted by さっとん at 22:56| Comment(0) | 映画(ドラマなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

バカとはさみは新聞で使いようなのだ

 毎朝早い時間に新聞配達の方がポストに入れていってくれる新聞はいろいろな情報を朝一番で運んでくれるなくてはならないものです。

このところネットの普及で新聞をとってる方が減少していることはよく聞きます。

ネットでは箇条書きで表示されているので、どれが大きな問題かやテレビで話題になってる事件などに今一うとくなります。

 
 大好きなコーヒーを入れて朝刊を読むという至福の時間は、これからも大事にしたいです。

さて、コーヒー好きの僕はよく喫茶店に行きますが、先週の日曜日にドンファンという喫茶店で新聞を取ると、真ん中が黄金のデルタ地帯のようにはさみで切られてました。

091207_194831.jpg

新聞をめくるときにホッチキスでとめてもめくりにくいことがあるのですが、この裏ワザを使うとストレスなく新聞がめくれました。わーい(嬉しい顔)


 また新聞がたまってくると、左右にふくらんで収納に困ることもあります。

そんな時はおりこんだ上下10センチほどをはさみで切ると、ぺしゃんとなってかさばりません。
091207_194643.jpg
(赤い部分をはさみで切る)

 
 以前から台所の三角コーナーの生ゴミなどがたまるのは不潔だし、スペースを取るのでそうじしにくいと思ってたのですが、生ゴミはでるたびに新聞紙にくるんで捨てれば、衛生的で見た目をすっきりだとモリ京のかわら版に紹介されてました。

台所に三角コーナーは必要だと思い込み過ぎてました。

新聞を上手に使うと質の高い生活が実現できそうです。
posted by さっとん at 20:01| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

たるんでた。

 11月18日から早起き生活のクリックができてません。

寒くなってきて、布団から起きるのが少し苦痛になってきたためですが、自分に負けているのがこの2週間の自分です。

 僕が早起きに挑戦しようと思ったのは、元世界バンタム級チャンピョン辰吉丈一郎さんの言葉からです。

39歳という年齢で国内では試合ができないのですが、タイに行って現役を続けて自分より一回りも若い選手と戦ってます。

「あきらめたら自分がピエロになって情けない」から今でも朝のロードワークは欠かさず実行しているというのを聞いてからです。

人がなんと言おうと、自分がやるべきことを淡々ときちんとこなしている辰吉さんの姿勢に共感します。

 自分が決めたことを途中で放り出すのが男として一番情けないので、また早起き生活を再開し習慣化させます。
posted by さっとん at 12:37| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

赤飯を食べてめでたい体質になる。

091203_180045.jpg
めでたいことがないのに赤飯を食べてもいいじゃないか。
posted by さっとん at 18:56| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登記は語る、時は金なり。

 最近、不動産登記の本を読んでいます。

 鳩山総理の不正献金問題がクローズアップされてますが、不正をあばくには法律的な知識が不可欠です。

登記簿というのは、土地を売ったり、相続をした時ぐらいしか目にすることはありませんが、そこから政治家のスキャンダルなどをリークしたり、男女の関係を垣間見れたりすることもあるそうです。

 田中角栄といえば、僕が小学生の頃、日本列島改造論で不動産ブームが起きてどんどんと開発が行われて経済が成長していきました。

学校でも角栄さんのものまねをする人がいたりと、今の政治家よりも親しみがあり、馬力(金の力)もありました。

 田中内閣がメディアによる不正追及で倒れた引き金になったのが、その引き金を引いたのは立花隆氏のルポタージュだったのです。

立花氏は、不動産の登記簿や商業登記簿などを分析して、財産の不正取引をあばくことができました。

 
 また彼女が事業を始めるので、彼女の借金のために自分の土地を担保にしていたりすると(彼女が借金を返せないと、男の土地が取られる)、この二人の関係はいったい?

と推理を働かせることもあるようです。

真相は法律的な知識と取材によって真実に近づいていくのです。

(不動産登記法入門 山野目 章夫 著 日経文庫P14〜19)
posted by さっとん at 18:54| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダキニ尊大祭の御祈祷会(覚書)

 12月に入ると、鵜方の棲鳳寺(せいほうじ)から壇信徒に「ダキニ尊大祭の御祈祷会」の葉書が毎年届きます。

この葉書が届くといよいよ冬本番という気持ちになります。

今年は12月7日(月)に午前は、9時〜12時
          午後は、1時半〜4時半

1500円とはがきを忘れずに持っていかないといけない。
posted by さっとん at 12:55| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。