2009年12月20日

希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学 池田信夫著 

 93年に細川連立内閣が発足した時に、営業で神戸の東灘区の中央市場で菓子問屋の社長が「ナカジマ君、これから日本は変わるでぇ〜」と将来に少しは希望を持ててました。

 著者が指摘する今日本の一番の問題点は、企業・組合に守られている正社員と労働市場からはじきだされた非正社員の身分格差が固定されていることです。

OECD(経済協力開発機構)からも正社員の雇用を削減させて、労働移動を促進させて、老朽化した日本の経営システムを見直して、産業構造を転換し競争力をつけるようにと指摘されてます。

 今、20〜24歳の労働人口の43%が非正社員です。

これらの大多数の若者が技術の蓄積が行ずに年齢が上がっていくと高齢フリーターと化し、賃金の安い職にしかつけなくなるのです。

一方、「ノーワーキングリッチ」という高収入の企業内失業者が労働市場から若年労働者を締め出してるのです。

彼らは一応重要でない役職(ポスト)をもらってますが、企業は「法」によって守られている彼らを切るリスクを負いたくありません。

法律では、民法627条、労働基準法20条で自由に正社員の首を切れることになってますが、日本食塩製造事件の判例でも正社員の首を切ることが非常にお金と手間がかかり、難しいのです。

だから「雇い止め」で非正規社員切りを法が容認している現状です。
(若者が犠牲になっているといってもいいすぎではない)

政治家も大学の先生もこのことに声を大にしていう人が極端に少ないのです。

最近よく失われた20年といわれますが、これから10年もこの固定化された格差が続くと犯罪や社会荒廃は避けられないと指摘しています。


希望を捨てる勇気―停滞と成長の経済学 池田信夫著 

posted by さっとん at 15:14| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

顔も白いが尾も白いと言われた男

昨晩は京城(焼肉屋)で忘年会でモームスのなっち、ごまきレベルの女の子が4人も来てくれました。わーい(嬉しい顔)

前回は一次会で張り切りすぎてダウンした教訓を生かし、今回はお酒を勧められてもできるだけゆっくり飲むようにしました。

 僕は太りやすい体質なので週に一回だけビールを飲む日を作ってますが、一人酒より誰かといっしょに話しをしながら飲む方がおいしくいただけます。

忘年会の季節ですが、飲みすぎない、食べすぎないよう気をつけたいです。
posted by さっとん at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

ルワンダの涙

朝晩の寒さが一段と厳しくなってきました。

 今週は、月曜日にゲオで借りてきた「ルワンダの涙」というドキュメント映画を一日20分ずつ見てました。

 ローマン・カソリック教会のクリストファー神父によって運営されている技術学校に青年海外協力隊として派遣されていたジョーは、生徒たちにもとても人気のある先生です。

1994年4月に大統領が乗った飛行機が爆破されて、フツ族のクーデターが起こり、ツチ族であるだけでオノで切られたり即射殺です。


 アフリカの中央の方にあるルワンダという国は、多数派フツ族と少数派ツチ族とが激しく対立しており、国連軍が派遣されてなんとか均衡が保たれてました。

集団虐殺から逃れるために何千人ものツチ族の人々は、技術学校を避難所として集まってきます。

クリストファー神父は、「神は今一番苦しい人と共にいます」と神の愛を説き、「いつもあなたのそばにいます」と不安な人々のやすらぎを与えてくれます。

国連軍が駐留しているものの周囲は、フツ族の民兵たちが取り囲み、網から出ればおので抹殺されます。

 結局、紛争がますますエスカレートして国連軍の兵士の安全を選択した本部の指示どおり、技術学校に人々を残して撤収します。

国民の10人に一人、約80万人の人が虐殺されたルワンダの悲劇は、決して日本ではありえない話ではないと思いました。

民族間の対立ほど人々の凶暴性をかきたてるものはありません。

ナチスのような悲惨の出来事がつい最近も起こっているのだという世界の現実を忘れてはいけません。


posted by さっとん at 18:22| Comment(0) | 映画(ドラマなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

御食(みけ)つ国・志摩 年末海族市

御食(みけ)つ国・

志摩年末海族市


日 時:平成21年12月23日(水)〜27日(日)
    午前9時〜午後2時

場 所:波切漁港(志摩市大王町波切)

魚介類・伊勢えび・かき・野菜・真珠養殖など出店多数

志摩市長のマグロの解体ショー&ふるまい(23・27日のみ)をはじめ、伊勢えび競り市などの日替わりイベントも開催(^O^)/
23日〜25日には、FM三重の公開ラジオ放送も決定!

三重県志摩市“波切漁港”に伊勢志摩の「うまいもん」大集合!!

主 催:(社)伊勢志摩観光コンベンション機構(実施主体:志摩市観光協会)「御食つ国・志摩」年末海族市実行委員会  
TEL(0599)46-0570
posted by さっとん at 18:10| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

悪魔王子

7つ上の兄の影響で子供の頃からボクシングが好きで、世界タイトルマッチの試合は欠かさず見てました。

当時、一番好きだったのが努力と根性、‘炎の男’輪島功一でした。

「かえる飛び」や「あっち向いてホイ」など、様々な技を生み出し、強豪や圧倒的に不利と言われた対戦相手(一番記憶にあるのは柳斉斗とのリターンマッチ)を戦略と様々な工夫でKO勝ちを飾るなど今でも記憶にあります。

 一昔前と比べてボクシングも視聴率を取れないコンテンツになってきました。

K1や総合格闘技など(なぜか一般紙のスポーツ欄には結果も出ない)の台頭で、モハメド・アリやマイク・タイソンのようなスーパースターを作らないと大衆は振り向いてくれません。

ところが作ろうとしてもなかなか作れないし、現れないのがスーパースターです。

 亀田と内藤のような因縁、ええもんとわるもんの物語には、筋書きが読めないドラマのようなわくわく感を与えてくれるので、なんとなくテレビで見てしまいます。

 10年ほど前にフェザー級のチャンピョンだったナジーム・ハメドというボクサーを見た時に今までのボクシングの常識を根底から覆されました。

ガードはしない、フットワークは使わずウェービング(上下左右に体をひねって)でディフェンス、ジャブは打たず、一発で相手をマットに沈めるパンチ力。

日本人にこんなボクサーがいたら間違いなくスーパースターになっているはずです。

http://www.youtube.com/watch?v=pfUFYtXNN0A
(悪魔王子 ナジーム・ハメド)

posted by さっとん at 22:21| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

あたり前田のクラッカー

 お昼にスーパーに行き、ちゃんこ鍋の具材にする冷凍コーナーのつくねや赤魚をかごに入れると、

「にいさん、こんなのはどうやって料理するんやな?」と女性から突然質問されました。

「レンジで解凍するか、そのまま置いとくといいです」と答えると

「わたしは80歳でなあ、こんなのはどうやって料理するんか全くわからんのやわな」と言われました。



 先週の土曜日に友人が昔買った100巻以上あるHビデオをDVDに入れるソフトをオークションで購入したのですが、使い方がわからないので教えてほしいと連絡がありました。

メーカーに問い合わせると「使い方はとても簡単です。CDをパソコンのドライブに入れると自動的に起動します」とのことでした。

結局、何回試みてもうまくいかず保留状態となりました。


 売る方からすると当り前のことがお客さんにはよくわからないことが多いのです。

世の中や会社では当たり前になっていることを、聞くのがこわい、恥ずかしいと思っている人が多いのではないかと思いました。

あたり前をバカにすると商いはできません。


今日は志摩商工会から2010年の経営カレンダーとビジネスノートをいただきました。犬


昨日は親戚のおじさんから「バタ貝」、とみぞやのおばちゃんから白菜、レモン、大根、ニンジンをもらいました。
「バタ貝」は伊勢志摩では通じますが、よその人に話しても全く通じません。
posted by さっとん at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

三重大学・志摩市 文化フォーラム2009

三重大学・志摩市 文化フォーラム2009

『わたしたちがいだく食材のイメージは正しいのか』
  地域食材、食文化を大切にする意味とは

日 時  平成21年12月13日(日)
     午後2時〜4時

場 所  志摩市役所4階 会議室


司 会  竹内 伸樹((有)べんのや酒店)
     安食 和弘(三重大学人文学部教授)
     梅崎 輝尚(三重大学生物資源学部教授)


安食 和弘(三重大学人文学部教授)
 
 私たち日本人が食べているえびの多くは、東南アジア諸国かの輸入品です。こうしたエビ養殖業の発展は、マングローブ林破壊などの問題も引き起こしました。今回は、日本人の食生活と東南アジアの環境問題を関連づけて考えてみます。


梅崎 輝尚(三重大学生物資源学部教授)
  
 地域の気候や食文化に根ざした作物を栽培し、いわゆる「地産地消」が行われていれば、食品の危険性や食に対する不安は取り除かれます。現在の経済効率だけを優先した生産・流通システムを是正することが重要です。
posted by さっとん at 15:20| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。