2009年11月22日

世の中かねだ!と言ってると嫌われる。はなし へっくしょん。

 「日本プロ野球名球会」と言えば、打者なら2000本安打以上、投手なら200勝以上という輝かしい実績を残した選手だけしか入れません。

その名球会の会長である金田正一会長を追放するクーデターが勃発したと週刊ポスト12月4日号が伝えてます。

 名球会の事務所は、「カネダ企画」と同じビル、同じフロアに居を構えており、チャリティーゴルフなど企業からのスポンサー料の20%を手数料として抜いていたことなど、会員から不透明な会計実態に対し不満が爆発し、金田会長解任へと動いていったようです。

 ちなみに税法上の理由で、名球会は「株式会社」として法人化されており、金田、王、長嶋が取締役となり、株を会員に分ける形で会員が「株主」となってます。

 株主総会の6ヵ月前より総株主の議決権の100分の3以上を有する株主は、取締役に対し、召集の理由を示して、株主総会の召集を請求することができる(商法297条)のですが、会員である柴田氏は3つの議題を提出しました。(商法303条)

1.取締役の定員を5名に増員する。

2.取締役金田正一氏の解任を決議すること。

3.金田正一氏の後任者選び増員される取締役の選任を決議すること。


 話し合いを申し込んだ柴田氏に対して金田会長は、「柴田のようなザコと話はしない」と逆に内容証明郵便を送りつけて宣戦布告をしたそうです。
(子供の頃、赤い手袋の柴田は超かっこよかったです)

結局、金田氏の運営を株主から否定されたことで辞表が提出されます。

12月13日の臨時株主総会で正式に受理されるようです。


 もし財団法人や任意団体であったならこれほど厳しい処分はくだされなかったかもしれません。

「会社法に敗れた金田天皇」との題目がありましたが、権力を握ると人の心にうとくなるのは世の常ですが、コンプライアンス(法令順守)の
力を見せつけられた事件のように思えてなりません。


posted by さっとん at 19:19| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。