2009年11月07日

「ヤッパシ…H!」

 日経新聞(11/7)で手帳のランキングがありました。

参考にベスト3まで紹介すると

3位 レッツダイアリー「32SJ」

2位 能率手帳「キャロルA6バーチカル1」

1位 クオバディス「ビジネスプレステージ クラブ」

でした。

 最近は、段取りで勝負が決まると言われてるように手帳もこだわったものを使った方がいいのかもしれません。

 僕は仕事の予定は、商工会から毎年いただくB5サイズの予定ノートとカレンダーなのがまずかったのでしょうか?

 現在は時間との闘い、1分間で100万円を稼ぐチャンスもころがってます。(タイムショック・バッ)

インターネットが普及して「調べること」はできるが、「考えること」ができない人が増えてきているのだそうです。

確かにブログを書いていると、おもしろいネタはないかと「調べること」は多いですが、調べたことをしっかり咀嚼(そしゃく)する作業が大きく欠落しているのが僕のブログですので、話六分目程度で流してもらいますようお願いします。

 あまり自分を過少評価するのも日本人の悪いくせではあるのですが、わからないことは寝かせると脳が自動的に情報を整理、再構築してくれるのだそうです。

高級ワインのような熟成された味のだせるよう早く寝るようにします。



 
<今週の話題曲>

 いまやマニアの間では伝説となっている「ヤッパシ…H!」
 Iの前にHがあってもよいのか? という倫理的な問題を数え唄で歌ってた浅香唯さんがアニメソングに挑戦しています。


 ジュエルペットオープニング曲  マジ?マジ!マジカル☆ジュエル 浅香唯
 http://www.youtube.com/watch?v=TeVi0llrYhg
posted by さっとん at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方土建業者のナマの声

毎週水曜日にアップされる村上龍の「流言飛語」で、‘地方土建業者のナマの声’で、長崎で土建業(主に生コン)を経営している中村聡さんの話が、今の現況をわかりやすく的確に説明されているように思いました。

 バブルが崩壊して現在ではその頃の60%以下の仕事しかありません。
(クリーニング業界は95年の40%以下に縮小もうやだ〜(悲しい顔)

国も地方もお金がないので政治家も仕事をもってこれなくなりました。
(それが最近、政治家不要論を増長させている主な原因のように思う)

 需要は縮小しても細々とでもよいから従業員の雇用を守ることが今一番重要なことです。

亀井大臣のモラトリアム法案(3年間借りた金を返さなくてもよい)はマスコミなどで叩かれてましたが、今の地方の現状ではいたしかたない状況です。

中小の会社がどんどん潰れているのに、JALなど大企業は何千億もの税金で救済されることに違和感を持ってました。

 結局、大企業や役人にならなければという風潮が若者にも広がっていくことは、日本の活力、やる気を失くしていくのではと村上氏は述べてます。

 みんなが平等に恩恵を受けるということはあり得ないことですが、その格差があまりに大きいとモラルが破壊されてしまうように思います。


村上龍 龍言飛語
posted by さっとん at 06:30| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。