2009年09月22日

日本一お酒が弱い三重県人

 日経新聞の土曜日に配達されるnikkei plus1(9/19)で読まれた方もいると思いますが、“お酒に強い人 弱い人 何がちがうの?”で、キーワードは「遺伝」ということでした。

僕はお酒は弱くて缶ビール2本が限界で、それ以上飲むと天井が回ってきます。

 この記事で驚いたのは、酒が弱いのは黄色人種だけということです。

お酒に強い遺伝子(酒豪遺伝子)を持つ割合を調べたところ(各地域2500人)、白人と黒人はほぼ100%、日本人56%、中国人59%、韓国人71%であったそうです。

人類の祖先は20〜30万年前にアフリカで誕生して、中東、欧州、アジアへと流れたのですが、黄色人種の一部が突然変異でお酒に弱い遺伝子を持ってしまいました。

 日本でお酒が弱い人ベスト1位は三重県(39.7%)、2位愛知県(41.4%)、3位石川(45.7%)でした。

 ※( )内の数字は酒豪遺伝子を持つ人の割合です。

三重県人は、10万年前の突然変異の影響を最も受けている県民のようです。
posted by さっとん at 12:07| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。