2009年09月19日

記録により記憶に残るナカジマ

 今日は鵜方小学校の運動会であったようで、元気な音楽が一日中流れてました。

3時半ごろまでは夏の余韻をひきずった少し強い日ざしが照りつけましたが、4時過ぎぐらいからはからっとして気持ちよかったので辺りを歩いてました。

看板に志摩庁舎の阿児支部がまもなく取り壊されることが書かれてました。

 小学校時代は朝は役場の方から通学してたので、見慣れた建物が消えるのは少しさみしいです。

僕の小学生時代には役場の隣に洋裁学校があって、若い女性がたくさん集まってたように記憶してます。

 人間は学習したことや経験したことを忘れたように思うのですが、脳はほとんど記憶しているのだそうです。

あの時しかられたとかほめられたとか、出来事やキーワードで連想ゲームのように思いだせることがよくあります。

 昨日何を食べたか? と聞かれても思い出すのは難しいですが、ブログを読み返してみると、その時の状況がよみがえってきます。

一日一日失っていく僕の記憶を思いだせるツールとしてブログは貴重な財産になりつつあります。



契約 同時履行の抗弁権
posted by さっとん at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。