2009年08月14日

自治会



 ブログで情報発信することははたしてよいことなのだろうかと最近思います。

ほとんど推敲(すいこう)することもなく条件反射的に文章を書き、不特定多数の人様にさらすことに意味があるのだろうか?

それよりも自分自身で深く考え、まとめあげたものを発信するのが常識ある人間の姿ではないかなどと自問自答しています。

僕のブログに関しては「ほんとかよ」と懐疑的に読むのが正しい読み方と思います。


 このところ自治会の組織率の低下が問題になってます。

神社、寺、赤十字の寄付など年間1万円近い会費に疑問を持たれて入らないことを主張される方もいました。

自治会は年寄りの活躍の場つくりで今まではすんでたのが、世話を焼いてくれていた年配者たちは高齢化し、新しい世代は皆無関心層になっていることで自治会の新しいあり方を模索する時期にきているようです。

 自治会の役員をすると報酬以上にやることが多いので、できるならごめんしたいというのが本音ではないでしょうか。

そうした嫌われがちな自治会をどうすれば時代の要請に応えれるか?

自分の住んでいる住環境の「機能」に付加価値がつくことというのがキーワードであるようです。

たとえば防災カメラの設置や夜間照明、通学路の点検など安心、安全が強化されることが認識されることで組織率も向上できるのかもしれません。
posted by さっとん at 22:09| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。