2009年08月07日

マスターの教え

 昨日の昼ごはんは、手打ちうどんで人気のある「かめ吉」でマスターに出会いました。

マスターと話をしていると僕自身が自分の殻にこだわりすぎているのではという気づきと仕事に対するヒントもたくさんもらいました。

自分の中の殻を作っているのは自分であったことを再認識でき、それを破っていきたいと心の底から思いました。


今日は、「すき家の牛丼風まーぼー豆腐」を作りました。


材料)

 豆腐  1丁
 牛肉  100g
 長ネギ 2本ぐらい
 しょうが  1かけ分
 にんにく  1かけ分

豆ばんしゃん こさじ1
 
 赤味噌  大さじ1  しょうゆ、みりん  おおさじ2
 サラダ油 大さじ1
 水    1/2カップ
 水溶き片栗粉(水、片栗粉 おおさじ1ずつ)
 
 ゴマ油 小さじ1


090806_193538.jpg


かめ吉ブログ   http://kamekiti11.exblog.jp/


 
posted by さっとん at 19:51| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

聡子ちゃん

 最近10年ほど前に「花」という曲で人気のあった石嶺聡子の歌をよく聴いてます。

寝る前にオリンパスのvoice-treck v61(ICレコーダー)で彼女の「花」を聴いてると気持が少し楽になります。

♪泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か
                   花を咲かそうよ♪

おおらかなメロディーと歌詞が心をいやしてくれるのか、この曲を聴いてると寝入りがいいです。


 朝は尾崎亜美作詞作曲の「私がいる」で自分の存在を確認します。

♪私がいる この空の下で
      私がいる  負けないぞって つぶやいた♪

 一日の初めに元気がでる曲です。

音楽というのは結構気持ちを盛り上げてくれるように思います。

 聡子ちゃんがマイブームです。
posted by さっとん at 22:48| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

早起きを習慣にしたい

 「早起きは三文の徳」と言われますが、どうしても習慣化できませんでした。

朝刊を配達をしてくれる方の顔を見たことがありませんが、今はその人がすごいと心から思えてきます。

体の対内時計は25時間、一日は24時間ということで1時間のずれを「朝の光」が解消してくれるのだそうです。

今日で「早起き生活」3日目になりますが、結構きついです。

朝起きたらクリックすることで、起床時間が記録されるので起きる時間を少しずつ修正できるようです。

 人間にとって早寝早起きがとても大切なことだと痛感しています。

 このブログの一番下に僕の起床時間が記録されてます。
posted by さっとん at 21:10| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

思わぬ効果

 雨&曇り空が続き、なかなか洗濯物も乾きません。
乾燥機を使うより、太陽で乾かす方が衣類も喜ぶし、環境にもよさそうな気がします。

 
 最近、ランニングの記録や体調管理をジョグノートというサイトで管理するようにしています。

自分の走ったコースの正確な距離やmixiのようにランニング仲間とのコミュニティーも充実しており、なかなかのすぐれものです。


 運動をするメリットのひとつに、認知症の予防に「運動」が効果があるということが最近わかってきました。

僕自身トイレが近いので八味地黄丸(はちみじおうがん)という漢方を一日3回飲み続けてます。

これをアルツハイマーの患者に飲ませ続けると認知能力の向上に効果が上がることもわかってきました。

徳川家康が愛用したと言われる八味地黄丸ですが、なかなかのすぐれものようです。


<情報ソース>
http://www.youtube.com/watch?v=NWH2KUaaWec&feature=related
サイエンス ゼロ アルツハイマー病 4


posted by さっとん at 21:28| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

パチンコですってしまった方が得なこともある?

 「数奇な運命のいたずらではなればなれになった親兄弟をお探しの方は連絡ください」

小学校時代、独特の口調で桂小金治が司会をしていた「それは秘密です」という御対面番組がありました。

御対面の場面になると“母さんの唄

が流れて司会の小金治が、依頼者の苦しく悲しい半生を流ちょうに話しますが途中からは涙なしでは聞いていられなくなったものです。


こんなに苦労して生きてきた人がいるのかという驚きと同時に、自分はとても恵まれた境遇で申し訳ないとまで思ったこともあります。


 行方不明になった人がいなくなって7年たつと、利害関係人の請求で「失踪宣告(しっそうせんこく)」がなされます。(民法30条1項)

たとえばそれによって行方不明になった人に1000万円の預金があれば、相続人がそれを相続できます。


 ところが行方不明になった人が生きていてひょっこり帰ってくると話がややこしくなります。

「失踪宣告を取消」さなければなりません。

相続した人が競馬やパチンコですってしまった場合、行方不明だった人に返す必要はありません。

相続した人が電気代や水道代など生活費に使った場合、行方不明だった人に返さなければなりません。

 
 真面目な者が損をするのは政治だけではないようです。(*^_^*)



posted by さっとん at 18:19| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。