2009年07月30日

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ  齊藤 正明 (著)☆☆☆☆☆

 マグロ船と言うと借金の返済が出来ずに八方ふさがりとなった人が乗る船といったつらいイメージがあります。

女性のマグロもどういった塩梅(あんばい)なのかわかりにくくつまらないといったつらいイメージがあります。もうやだ〜(悲しい顔)


 著者の斉藤さんは、冷蔵冷凍技術の会社に勤務していて人との付き合いなどはあまり得意でないタイプの方です。

上司から「まぐろの冷蔵技術開発のため、まぐろについてすべて知ってこい」と言う命令でマグロ漁船に乗ることになりました。

そこでの漁師との会話の中で多くの気づきをもらいます。

 
 くらげにはくらげの生き方がある。

船の生活に慣れない斉藤さんは、毎日船酔いの生活で何もできません。

漁師たちに「くらげみたいな奴やのう(浮いているだけ)」とからかわれたりします。

「ただ斉藤はくらげやけどみんなの気持ちをなごやかに(いやし系)してくれてる」とも言われます。

気性の荒いと思っていた漁師たちは、仲間の短所(浮いているだけ)を見るだけでなく、長所(いやし系)を見ています。

自分はくらげなのにマグロやカニになろうとしてたのではないか?

そのことで会社でも自分を追い込みすぎてきたことと、他人に対しても短所や悪いところばかり見ていたことに気づきます。


 漁師たちがプラス思考でポジティブなので、自分もそのように前向きになれますか? と尋ねると

「前向きだけでは人の気持ちは理解できない。後向き(危険を感じる能力)なことも考えないと落ち込んでいる人の気持ちはわからない」と言われます。

くらげにはくらげの、マグロにはマグロにあった考え方、物の見方をしていかないと人との接し方を間違えることを教えられます。

 
 地中海に住むべにくらげは老化すると若返り死なないことや、マグロの心臓があわびの味によく似ているなど、体験者でないと語れないことがたくさん描かれてます。

この本を読んでいるとスーパーでマグロのさしみが食べたくなります。 

http://www.nextstandard.jp/article/13397282.html
(著者のブログ ネクストスタンダード)
posted by さっとん at 19:02| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

選挙

昨日は松坂市議会議員の投票日でした。

 夕方に大口市長が「ピュアレさん残念やったのう」と和具弁で店に入ってきました。(^−^)

自分の選挙(9勝4敗)の時の話も少しされましたが、選挙では戦略・戦術がとても重要であるようです。



 「聴く日経」で8月30日の衆議院選挙どうなる日本という特別番組がありました。

日経新聞編集長で政治記者の西田むつみ氏の非常にわかりやすい解説でした。

 麻生総理の義理のお父さんである鈴木善幸さんの頃から政治記者をしている西田氏の目から見て麻生総理は記者とのコミュニケーション能力が非常に弱いと感じるそうです。

タイミングのチャンスを見逃してきた「見逃し三振解散」とも言える今回の選挙の争点は、「政権交代」をやるかやらないかです。

本来なら昨年11月に解散のチャンスをあったのですが、金融危機と自民党自身に勝つ自信がなかったことで見逃してしまいずるずるいってしまいました。

今の状況は明らかに民主党有利と言えます。

 しかし、自民党にも政策論争(マニュフェスト)、スキャンダル、失言で挽回するチャンスは十分にあります。

小泉前総理がぐらついていた自民党を郵政民営化を国民に問うて大勝利をあげたことはまだ記憶に新しいことです。


   子供手当
   高速道路無料化
   高校無料化
   消費税据え置き

といった甘い言葉が並ぶ民主党の政策の財源をどこから確保するのか?

結局、国民の負担が後々大きくなることはないのか?

まだ増税を国民に問うている自民党の方が現実的ではないか?

など一抹の不安はあります。


 一方、民主党が政権を取ることで、霞が関、農業団体、地方公共団体と官僚、政治家との癒着、うみをはきだすことも期待できます。

有力政治家と親しくなることで役所間での影響力や既得権を持っている役人には大きなダメージになります。

 自民、民主が拮抗した場合は政界再編の可能性もあり、今回の選挙は生活にも大きな影響を与える選挙になりそうです。
 
posted by さっとん at 22:48| Comment(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

思わぬことで感謝される。

 今日も梅雨が戻ったような少し蒸し暑い一日でした。

 以前、友人が「自分とこのホテルの予約状況が携帯から見れないので、もう一台ノートパソコンを買う」と言ってたのを思い出したので、

「26日に発売されるiphoneやったらパソコンとシンク(同期)できるで、パソコンの前にオランダ人しとらんでもええ」とメールで送りました。

 すぐに電話がかかってきて、「貴重な情報ありがとう、さっそくソフトバンクにできるか聞いてみるわ」ととても喜んでくれました。

どこにいても仕事をiphone一台でできることを知って衝撃を受けてました。

 僕自身ここまで感謝されるとは思ってなかったので、彼がそのことでとても悩んでいたことがわかりました。

 しかし、新製品の3GSは6万円ほどになると聞いて、また新たな悩みが生じたようです。

posted by さっとん at 18:41| Comment(0) | パソコン・WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

ゴミは決められた日に捨ててください。(:_;)

 木曜日は燃えるゴミの収集日で、朝7時過ぎぐらいにゴミ置き場に行くと70代ぐらいのおばちゃん二人が何やら話しこんでました。

おばちゃんA:鉄類は来月の4日やのに、また捨ててある。誰かが立って見張っとらないかんわなあ。

おばちゃんB:あんた一日中見張っとれるかいな。なあ、にいさん!

ナカジマ:今日みたいな涼しい日はいいですけど、暑い日はとても大変やと思います。

おばちゃんA:そやけど、こんなことを許しとたらまたほりにくるんやで、誰かが見張って注意したらないかんわな。

おばちゃんB:そんなあんた一日中誰が立ってくれるいうの? にいさんらかて仕事もあるんやで無理をいえんやろ。

おばちゃんA:ここらの人はこんな非常識なことはせいへん。よそから入ってきた人か通勤途中にほってくんやと思うけど、そんなことさせやんように誰かが見張っとらなあかんわな。


 といった同じようなやりとりが20分ほど続きました。もうやだ〜(悲しい顔)


 決められた日にゴミを捨てない人のおかげで大変な朝になってしましました。
posted by さっとん at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

生野菜とひき肉のせ

090720_184711.jpg

 「生野菜とひき肉ソースがけ」を作るつもりが片栗粉が切れてソースができませんでしたがおいしいです。わーい(嬉しい顔)

材料
 きゃべつ  5枚ぐらい
 にんじん  4センチ
 貝割れ菜  1パック

 ひき肉ソース
 豚ひき肉  200g
 にんにく  1かけ
 長ネギ   おおさじ3
 トウバンシャン 小さじ1
 酒     おおさじ1
 水     カップ1
 砂糖    おおさじ1
 しょうゆ  おおさじ3
 水溶き片栗粉 おおさじ2
 ごま油   おおさじ1/2
 
 サラダ油  おおさじ1

 1.きゃべつ、にんじんをせんぎりにする

 2.中華鍋にサラダ油1
  熱してにんにくと長ネギをいためる
 
 3.ひき肉をいれる

 4.とうばんしゃんをいれる

 5.酒をふってアルコール分をとばす

 6.水をいれる
 
 7.砂糖としょうゆをいれる

 8.煮汁が煮詰まってきたら、水溶き片栗粉を入れる

 9.最後にごま油をふって香をつける

 10.やさいにかける


参照)一人分100円のバリューおかず  大庭英子 著


posted by さっとん at 19:16| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

いま英虞湾(あごわん)でどうゆうことが起こっているのか?

 賢島大学2時間目は、三重県水産研究所の国分秀樹さんの「英虞湾の環境保全」でした。

昔の英虞湾(あごわん)には、いろいろな種類の魚貝類、生物がいました。

人々は、魚を釣ったり、泳いだりと英虞湾は生活と一体となってました。



 ところが今、英虞湾の環境は非常に悪化しています。

国分さんが実際にもぐって撮影した海の中の様子を見せてくれました。

地域によっては海底にドロ(ヘドロ)が堆積して、海藻も魚もいない海になっているところもありました。

海水ではなく海底が汚れていることで、海底にたまった汚れが、「赤潮」と「貧酸素化」を引き起こしているのだそうです。


 海底が汚れる原因として、

・チッソやリンを含んだ生活排水が英虞湾に流れ込み、植物プランクトンが増えて赤潮が発生しやすくなる。

・1960年代には700万トンもあった漁獲高が貧酸素化で全くとれなくなってきている。

・干潟(ひがた)とアマモ場は、海底を汚れにくくする働きがあるが、干拓(かんたく)により約70%を消失し、海の浄化力がとても低くなっている。

・真珠養殖からでる貝のよごれを海に捨てる。



 干潟(ひがた)とは、潮の満ち引きによって水面から出たり入ったりする、砂と泥でできた場所のことです。

干潟には生物がたくさんすんでいて、アサリなどが水の中に浮いているものを食べ、それを野鳥や魚が食べる食物連鎖の形で干潟の外に運んでいくことで水を浄化します。

 国分さんの話では、英虞湾は都会の海と比べればまだまだきれいなのだそうです。

人工干潟を増やすことと地域住民が環境意識を高めることで英虞湾は再生できる可能性があることがわかりました。



<参考文献>
英虞湾 新しい里うみへ
 (財)三重県産業支援センター
  三重県科学技術振興センター 水産研究部


posted by さっとん at 00:07| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

「志摩の文学」

 昨晩の賢島大学は名古屋の映画館のように2本立てでした。

最初の1時間は、鳥羽高校で教鞭を取られていた松村正之さんの「志摩の文学」

もう1時間は、浜島にある三重県水産研究所の国分秀樹さんの「英虞湾(あごわん)の環境保全」についてでした。


 今日は「志摩の文学」について書いてみます。

まず僕自身が志摩の歴史や文化について地元民でありながら全く知識がありません。

ところが、僕の住んでいる阿児町甲賀(こうか)には、漁民詩人の浜口長生や創造的な詩集や詩評論書に贈られる小野十三郎賞を受賞した中岡淳一というすぐれた詩人を輩出しています。

 
 また私たちのふるさと「志摩」は文学作品の中でどのように描かれているか?

志摩に生まれ育った人によって書かれた文学作品の著者として

嶋田青峰・的浦兄弟の句碑が的矢(まとや)神社の境内にあります。

嶋田青峰(しまだせいほう)は、1882年3月的矢に生まれ、肥料の仲買をする裕福な商人に生まれます。

早稲田大学卒業後、国民新聞社に入り、高岡虚子の下で文芸欄を担当。
『ホトトギス』に投稿し編集責任者も務めます。

新興俳句を広めていく運動にかかわっていきますが、戦争色が強くなった日本では異端分子とみなされ、治安維持法違反で検挙されます。

その拷問が原因で健康を害して、保釈されて3年後に亡くなります。


 志摩を題材としたものに、

安乗の稚児(あのりのちご) 安乗  伊良子清白
伊勢の的矢の日和山     的矢  壷井栄
浮き灯台          安乗  庄野潤三
志摩月夜          志島  吉井勇
母系の海          安乗  早船ちよ

 一部分書かれてるもので有名な小説に

美しい村          国府  柳田国男
禁色            賢島  三島由紀夫
華麗なる一族        賢島  山崎豊子
君の名は    和具、浜島、賢島  菊田一夫  

 志摩に生まれた人について書かれているもの

北条霞亭          的矢  森鴎外


 著名な作家が題材にするほど魅力のある地域を売り出す手段に、こういった文学作品などを切り口でもっていくのも観光振興に役立つのではとの話でした。

 松村先生の講義を聞いていると高校時代の国語の授業を聞いてるようでとても懐かしい気持ちになりました。



<参考文献>

賢島大学 「志摩の文学」レジュメより

 
posted by さっとん at 18:44| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交通安全に気をつけて運転しましょう。

 一昨日に自動車免許の更新でいただいた「安全運転の友」を読んでいると、昨年(平成20年)、三重県内で交通事故でなくなった方は110人。

人身事故は11.886人、負傷者数は15.608人でした。


 都道府県別人口10万人あたりの死者数ワースト順位で平成16年1位、平成17年5位、18年2位、19年14位、20年11位と悪い記録が残ってます。

飲んだら乗らない、余裕をもった運転をしましょう。
posted by さっとん at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

世代間の不均衡(ふきんこう)

 今日は鵜方公民館で免許の更新&講習がありました。

午前中50人ぐらいの方が来られてましたが、僕が3番目に若いぐらいで、高齢化は想像以上に進んでいるのだと感じました。

 
 日曜日の晩に喫茶店に行くと東京都議会議員の選挙速報をやってました。
想像以上に有権者の気持ちが自民党から離れていることに驚きました。


 
 僕は今回の選挙では議席数よりも年齢別の投票率に興味がありました。

2005年時点で、1975年から1985年生まれの人が税金をたくさんもっていかれて、老後もあまり享受できないのです。

現在70歳の人たちが、生涯において1500万円得をしている一方で、1980年前後に生まれた人たちは差し引き2500万円損をする。
その差額4000万円。

 定額給付金も未来のある若者に3万円、これまで十分に恩恵を受けてきた65歳以上に3千円でよかったのです。

なぜこんな受益格差が生まれるのかは、若者が選挙に行かないからです。

20歳代35%、60歳代75%の投票率。

政治家は当然自分にいれてくれる世代の意見を聞くのです。


 民間企業では雇用不安で高校、大学の内定も取り消されてるのに、公務員で退職勧告を受けるのはよっぽど悪いことをした人ぐらいです。

組合という組織があるから若い人はそこでもとばっちりを受けるのです。

僕もこの年になってようやく投票に行く重要性を強く感じてます。


参考文献
 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/15200.html
   (解説員ブログ)

 若者は選挙に行かないせいで、4000万円も損をしている
  早稲田大学国際教養学部教授 政治学博士 森川友義 著
posted by さっとん at 19:56| Comment(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

自分の言葉

 11日(土)午後7時から磯部町生涯学習センターにて自民党三重県連主催の「どこでも討論会」を聞きに行ってきました。

衆議院議員のみつやのりおさん、市長、県議、市議も全員来られて地域の問題についての質問がありました。

英虞湾架橋の実現についての質問がありました。

平成25年にしらきまで第二伊勢道路ができるようですが、地域ネットワークの必要性、産業振興、医療、災害対策の面からも道路特定財源を活用して実現させたいとのことでした。


 また志摩病院問題について現在、内科においては予約診療(かかりつけ医の紹介が必要)がとられており、現在の医者が2、3人抜けると地域医療を守れない危機的状況であるとの説明でした。

根本には医者が確保できないのが根底にあるのですが、国から予算をもらい医師の確保、病院の建て替えを進めていくようです。

 また漁業をされてる若い方からの質問で、漁業で生活が成り立たなくなっていることを訴えてました。

これに対しては手厚い補助金などが出ているので調べてほしいとの回答でした。

 
 伊雑の浦の汚染で青のりなどに被害が出ていること、鳥獣被害、農家の後継者問題などがあがりました。


 現在、日本の食糧自給率はカロリーベースで40%です。

現在農業に従事している方の60%が65歳以上です。

10年後には75歳以上となり、大変深刻な問題です。

今のように補助金で対応していくことには限界もあり、唯一自給率100%の日本の米を食べる国民的運動が必要です。


 年配の質問者の方々は優秀で本当によく考えられて質問されていると思うのですが、「各議員の皆様、お忙しい中・・・・」などといった原稿をまる読みの方が多く時間がかかり、聞いている方も結構疲れました。

メモをちらっと見るのはかまわないですが、自分の言葉で話された方が聞いている方にも伝わると思います。

「わし鵜方のナカジマやけど、志摩病院は大丈夫なんかいな?」のワンフレーズで十分だと思いました。

後は議員の先生の回答に質問する形の方が聞きやすいのではないでしょうか?

90分という短い時間枠の中ではポイントだけを的確に自分の言葉で質問してほしかったです。

posted by さっとん at 21:21| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索