2009年06月18日

ランニングで頭がよくなる?

 14日の日曜日は、トライアスロンチームの人たちと二見の海岸沿いのコース(1周7km)を走りました。

僕のコーチは、長崎で開催されるアイアンマンレースに出場されます。
競技内容は、スイム…3.8km、バイク…180.2km、ラン…42.2kmという大変過酷なレースです。

こんな苦しいことを45,000円の会費、交通費、宿泊費を払っても出場するというのは、やり終えた後の感動は言葉ではあらわせないほどのものだからでしょう。

http://www.ironmanjapan.com/jp/general.html
(2009アイアンマン ジャパン トライアスロン 五島 長崎 大会要項)


 トライアスロンをされてる人たちは、性格がおだやかで明るい方が多いように思います。


 ココロ穏やかに暮らすというのは現代社会では難しいことだろうが、ストレスを発散させることはできる。
とくに勧めたいのが運動だ。
 ストレスで分泌されたドーパミンも、運動を行うことで一緒にカロリー消費のために使うことができるのだ。
運動することで一緒にカロリー消費のために使うことができるのだ。
運動することでニセの食欲は消え、エネルギーまで使うことができる。
まさに一石二鳥のダイエット法なのである。
 (TARZAN536 P53 脳を健全にすることが、ダイエット成功への近道だ)

 今日もジムに行って走ってきましたがはたして頭がよくなっているのか?
posted by さっとん at 21:59| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。