2009年06月14日

三沢光晴氏 リングに散る

 僕はK1やボクシングなど打撃系の格闘技が好きなのですが、昨晩11時頃、ヤフーニュースを見てたら「ノア 三沢死亡」の記事が出て驚いたのですが、プロフィールを読んでいたら自分と全く同じ生年月日で他人事のようには思えなくなりました。

 
 最近は総合格闘技やK1などに押されてプロレスがどんどん追いやられてテレビでもほとんど見ることがなくなりました。

35年前に猪木×モハメド・アリの試合を見てからプロレスに興味を持ち、特に猪木の異種格闘技路線にはとても興奮したものです。

だいたいテレビ放送がゴールデンタイム(夜8時)の時間帯であったため、ドラマを見たいお袋に「人殴ってこんなもんがおもしろいか!」とけなされながら見てました。

 最近、三沢さんが社長を務めるノアもテレビ放送が打ち切られ、若い人のプロレス離れやスターが生まれにくい時代背景などもあって、選手兼業は大変な重労働であったにちがいありません。

同じ生年月日というだけで、体力も素養もリーダーシップも全然かなわない人ですが、あまりにもつらい出来事というのは予期せぬ時に訪れるように思いました。

 新たな形のプロレスを復活させることが三沢さんへの供養になるように思います。


posted by さっとん at 19:54| Comment(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。