2009年04月16日

足をつる

 いよいよ今月の19日(日)に志摩スペイン村ロードパーティーが開催されます。

その練習のため週2回夜8時に自宅から阿児アリーナ⇒マックスバリューまでランニングをしています。

昨晩のこと、ジャスコの方から青い袋を持った背の高いとてもきれいな女性が、「神明駅に行きたいのですが?」と道を尋ねてきました。

走っていると思わぬことがありますが、「ここからだったら鵜方駅の方が便利がいいですよ」と答えました。

「神明駅に行きたいんです」

「ここをまっすぐに800メートル行ったところの信号を左に行ってください」と答えました。

「どこへ行かれるんですか」と尋ねると

「神明駅に行きたいんです」と意味不明な答えが返ってきました。                         exclamation&question電車


たまたま信号待ちでその現場を見ていた知人から「ナカジマ君!きのうすごい美人と楽しそうに何話してたん?」とメールが届いてました。

イントネーションから地元の人ではないとわかりましたが、いったい神明駅に何の用があったのでしょう。



 それが気になってか、阿児アリーナの手前で車をよけた瞬間に右足のふくらはぎがつってしまいました。

「これはまずいぞ。家まで戻れるだろうか?」と不安な気持ちがよぎりました。

歩くごとに激痛が走ります。

「こんな時はあわてずにまずマッサージでもしてみよう」とその場で5分ほどふくらはぎのマッサージをしてみました。

痛みは少しやわらぎ、何とか家までたどりつけました。わーい(嬉しい顔)

 熱はないのですが、ちょっと風邪をひいた感じで鼻水がたくさん出ます。

棄権したらコーチに「根性なし」と言われそうでもうやだ〜(悲しい顔)自分の体調と相談しながら決断をくだそうとしているところです。


 美人の行方はだれも知らない。


 
posted by さっとん at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。