2009年04月16日

足をつる

 いよいよ今月の19日(日)に志摩スペイン村ロードパーティーが開催されます。

その練習のため週2回夜8時に自宅から阿児アリーナ⇒マックスバリューまでランニングをしています。

昨晩のこと、ジャスコの方から青い袋を持った背の高いとてもきれいな女性が、「神明駅に行きたいのですが?」と道を尋ねてきました。

走っていると思わぬことがありますが、「ここからだったら鵜方駅の方が便利がいいですよ」と答えました。

「神明駅に行きたいんです」

「ここをまっすぐに800メートル行ったところの信号を左に行ってください」と答えました。

「どこへ行かれるんですか」と尋ねると

「神明駅に行きたいんです」と意味不明な答えが返ってきました。                         exclamation&question電車


たまたま信号待ちでその現場を見ていた知人から「ナカジマ君!きのうすごい美人と楽しそうに何話してたん?」とメールが届いてました。

イントネーションから地元の人ではないとわかりましたが、いったい神明駅に何の用があったのでしょう。



 それが気になってか、阿児アリーナの手前で車をよけた瞬間に右足のふくらはぎがつってしまいました。

「これはまずいぞ。家まで戻れるだろうか?」と不安な気持ちがよぎりました。

歩くごとに激痛が走ります。

「こんな時はあわてずにまずマッサージでもしてみよう」とその場で5分ほどふくらはぎのマッサージをしてみました。

痛みは少しやわらぎ、何とか家までたどりつけました。わーい(嬉しい顔)

 熱はないのですが、ちょっと風邪をひいた感じで鼻水がたくさん出ます。

棄権したらコーチに「根性なし」と言われそうでもうやだ〜(悲しい顔)自分の体調と相談しながら決断をくだそうとしているところです。


 美人の行方はだれも知らない。


 
posted by さっとん at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

チャームなあいつ(第5回放送)

いまやネットラジオのスタンダード「チャームなあいつ」

放送日 4月16日(木)午後10時〜

パーソナリティーは、第52回グラミー賞候補 ナカジマです。

リスナー激増中?

 http://sutekinasatton.radilog.net/
     (チャームなあいつ)

posted by さっとん at 19:36| Comment(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌の敵、紫外線から逃れたい

マラソン大会に出るようになってコーチからUVカットの日焼け止めクリームをつけるように言われてます。犬

4月11日の日経新聞によると「とことん試します」に4月は12月の3倍、7月では5倍(関東地方)の紫外線がふりそそぐと以下のようなことが書かれてました。

「紫外線には主に太陽から直接ふりそそぐものと、チリやホコリで散乱し、横や斜めから届くものがある」

「午前10時から午後2時までに集中する」


 昨年の6月頃、二見浦の海岸沿いをトライアスロンの選手の人たちと走った後、肌が赤くはれてきたことがありました。

 これからの時期は僕の人生のように日陰をわたっていく方が賢明です。もうやだ〜(悲しい顔)


posted by さっとん at 19:15| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

速読勉強術  宇津出雅巳 著 ☆☆☆☆☆

 昨日はピュアレさんの「生活設計勉強会」に参加するため松坂まで行ってきました。

http://blog.livedoor.jp/seikatsusekkei/
     (生活設計勉強会)

 この勉強会ではFP(ファイナンシャルプランナー)3級を合格しようという目標もあります。

勉強会の内容は、‘公的年金制度の概要’ということで、主に老齢基礎年金の計算などとても複雑で9月の試験までに大丈夫だろうかと参加者のほとんどが感じたはずです。


 FP3級よりはるかに難関であるCFPを1ヵ月で合格され、「本当に1ヶ月でCFP(R)試験に合格した方法」というメルマガを出されてる宇津出雅巳(うつでまさみ)さんから激励のメールをいただきました。

http://www.utsude.com/mailmag_3/mailmag_3.htm
  「本当に1ヶ月でCFP(R)試験に合格した方法」

コーチングやNLP(神経言語プログラミング)の専門家である宇都出さんのメルマガや著書は、目線を読者まで引き下げてくれているのでとても読みやすく、なぜ僕が試験に弱かったのかがよくわかりました。

キーワードは、範囲をしぼって「高速」で読み「大量」に「回転」させるです。

当り前のことのように思いますが、その意味付けに奥の深さがあり目から鱗(うろこ)のような再発見をするはずです。

訓練も教材も必要ないのと、自分の読まなくてはならない本で試せるのでお金もかかりません。(^o^)丿

短時間で大量の情報を頭に叩き込こまなくてはならない社会人にはうってつけの方法のように思います。


 ようこそ! 宇都出雅巳(マサ)のホームページへ
   http://www.utsude.com/index.htm 
posted by さっとん at 00:20| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

「がんばりましょう」の前にしなければならないこと

今朝、回覧版で配られてきた広報志摩の‘じんけんコーナー’の『「がんばってください」と「がんばりましょう」』というコラムは僕自身はどうもなあという気持ちになりました。

 雇用環境の悪化が「格差社会」どころか「貧困社会」を生み出し、大人社会の格差が子供にも生じているのは誰もが知るところです。


 2ヵ月前に友人の子供のいじめの問題が深刻で、「その子とクラスが同じなら僕は学校へ行かない」と言われたので先生に相談に行ったそうです。

いじめる子供の家庭も複雑でその子供自身も虐待を受けてるとのことで非常に困難な問題を抱えてます。

 『同和教育がこれまで最も大切にしてきたのは、‘しんどい子供’によりそい、その子供の自己実現を図ること』なのだそうです。

学校に重たいものを背負って登校してくる子供たちがたくさんいるという状況を大人は気づいてあげなくてはいけないし、そんな子供たちは自分を守るために一生懸命がんばってるのです。

そんな子供に「がんばってください」も「がんばりましょう」も無意味なのではないでしょうか?

 多くの親がクラス分けで先生に申告したようですが、その親の子供だけに要望に答えてるような学校に何が期待できるのでしょう。

問題の本質を学校全体、社会全体で話し合うべきで、むやみに「がんばりましょう」という無意味な言葉は本人を追いこむだけのように思います。

広報しま 4月号(PDF)
    
posted by さっとん at 22:32| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

チャームなあいつ(第4回)

放送日 4月6日(火)午後10時より


まだ続けるのかとクレームの嵐に起死回生の逆転大放送!

お楽しみに!犬

http://sutekinasatton.radilog.net/

posted by さっとん at 19:00| Comment(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

志摩ギターを楽しむ会

guiter1.jpg


志摩ギターを楽しむ会 例会 第5回ギターコンサート

日 時  4月25日(土)開場午後6時30分 開演午後7時

会 場  阿児アリーナ 健康相談室

演奏者  小林恵子 吉川伸幸 広垣進 (敬称略)

演奏曲  ショーロ コユンババ セレナーデ スペイン組曲
     中国地方の子守唄 など

連絡先  fumiu@shima.mctv.ne.jp


 昨年の11月にも開催されてとてもアットホームなコンサートでした。

最近は電気製品やコンピューター、車のカーナビなどありとあらゆるものがデジタル化されてます。

そんな中で人間の指で奏でるクラッシックギターの生演奏はその瞬間だけのものであり、贅沢な時間を感じながら土曜の夜を過ごせるコンサートです。
posted by さっとん at 18:10| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。