2009年03月18日

おじがなくなる。

 月曜日の朝7時30分に親戚のお姉さんから「まさおのおじさんが今朝なくなった」との連絡をもらいました。

突然の急性心不全ということで、全く予期してもなかった連絡に大変驚きました。

 翌日午後1時に五十鈴メモリアルセンターで告別式の後、おっさんが今後のことを話してくれました。

「人はなくなってすぐあの世へ行くのと違う。足袋や笠など49日かけてあの世へ行く準備をする。それを皆が毎週念仏で応援し手助けをしてやる」

神教は水を仏教はお茶を供えるのだそうです。
僕は今までお茶やコーヒーやコカコーラを供えてましたが、今後はお茶を供えるようにと思いました。


 個人で電気工事の仕事をされていて、人望が厚いのか告別式には仕事仲間の方も大勢来られてました。

もの静かであまりしゃべった記憶はないのですが、家族に見守られ67年という人生がとても実りあるものであっただろうという印象を受けました。

 お葬式の写真は若い時のものがよいなとおじさんの写真を見て感じました。
posted by さっとん at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。