2009年03月04日

無銭宿泊

 今日(3/4)の中日新聞に無銭宿泊をくりかえしていた60代の男がつかまったとの記事があるそうです。

夕方6時過ぎに賢島ハーバーのオーナーであるかっつから電話がかかってきました。

「実はその犯人、昨日までうちにとまってたんや」もうやだ〜(悲しい顔)

5連泊の予約で初日の宿泊から酒やラーメンなどいろいろ注文をしてきたそうです。

ちょっといばった感じで雰囲気がおかしいなとは思ったようですが客商売の悲しさ、オーダーが入れば持ってかないわけにもいきません。

結局2日泊って次の日は小荷物だけ置いていなくなりました。

その晩、オーナーのかっつは悔しいのと情けない気持ちで全く寝れなかったそうです。

翌日無銭飲食の男が捕まったと警察から連絡が入りました。

 建設会社をリストラされて住む家を追われて、奥さんは病気で入院、兄弟とは借金を繰り返すので絶縁されている。

「宿泊代と飲食代の2万円を請求するのを躊躇(ちゅうちょ)してしまった」とオーナーのかっつが言いました。

15年宿泊業をやっていてこんな経験は初めてだ。

派遣村などのテレビのニュースの出来事は都会の話のように感じてたが、田舎も不況の波が押し寄せていることを自分の身をもって実感したとのことです。犬

賢島ハーバー  http://www.d1.dion.ne.jp/~katusi/
posted by さっとん at 22:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。