2009年01月22日

伊勢志摩の情報発信と地域おこし

 志摩市阿児町賢島(かしこじま)にある代々木高校ホールで伊勢志摩経済新聞を全国に発信している伊藤佳行さんの講演を聞きました。

テーマとして伊勢志摩地域から学ぶ楽しさ、インターネット社会の進展と情報発信の必要性の認識を持つことがとても大切であると訴えてました。

 伊藤さんが情報発信の必要性を強く感じたのは2006年の冬、アコヤ貝が大量死したこと、大変な思いをして作った真珠が売れないことがニュースなどのメディアで全く触れられてなかったことに危機感を感じたからです。

 伊勢志摩経済新聞を発行していて一番苦労するのが「タイトル」なのだそうです。

おもしろい、わかりやすい、親しみやすい切り口を伝えるためのキーワード選びがパズルのピースをはめ込むような感覚と言われてました。

最近は、毎日や読売などの大手新聞社もクリックしてもらうためにかなりタイトルに工夫を凝らしてるそうです。

誰のために
どうやって
どのタイミングで
全国の人が見てもおもしろいか

 それの出来によってヤフーの上位にランクされ、露出されることになるのですが、それが最も頭を使う難しいところです。

発想の転換・視点をどこにおくか?

 僕のつたないブログを書いていても、どう表現したらおもしろいかは考えますが、「伝えること」の難しさ、意味を再認識できました。

仮説と検証を繰り返して常に表現に神経を配っている論理洞察力のするどい人なんだろうなあと思いました。


伊勢志摩経済新聞   http://iseshima.keizai.biz/


posted by さっとん at 22:56| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さかいさんが来る。(^o^)丿

 僕が以前勤めていた会社の先輩のさかいさんが店に訪ねてきてくれました。

さかいさんは、僕が会社に入った時に仕事を教えてくれた方です。
よくスナックやフィリピンパブにも連れってもらいました。

僕が入った当時は、バブルの時期でそれほど努力をしてなくても営業成績は予算・前年とも軽くクリアできました。

ナカジマが入ってから神風が吹いたとも言われてました。

「ナカジマが知ってる残ってるメンバーは四人ぐらいかなあ。みんなやめてしまったわ。厳しい会社やろ」と言われました。

志摩にもたまに回られるようですが、僕の顔が見たくなったとのことで同僚のことなどいろいろと話をしてると、昔の職場の感覚がしてとてもなつかしい気持になりました。

 「ナカジマ、おれも定年まであと10年サラリーマンをしてても心が弾まんのさ。何かいい仕事ないか?」

「年収500万円以上のサラリーマンは、この地域ではほとんどいないです。定年の後、農業はどうですか?」と答えると

「残り10年、このままでは本当に苦しいわ」と今自分に対して焦燥感(しょうそうかん)を持たれているようでした。

 精神的につらいのは自分だけでないのやなあと少し安堵した自分がいました。
posted by さっとん at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

大根ときくらげのバターしょうゆ

パンチだいこんがおいしい季節です。犬

材料(2人分)>大根    1/3
       きくらげ  少々
       バター   おおさじ2
       しょうゆ  おおさじ1
       酒     おおさじ1

1.大根を短冊切りにする。

2.きくらげは水に20分ぐらいつけてもどす。

3.フライパンにバターおおさじ2を熱し、きくらげ・大根を入れる。

4.大根の端が透き通ってきたら水1/2カップを入れる。

5.煮立ったら、しょうゆ・酒各おおさじ1を加える。

butter.jpg
大根ときくらげのバターしょうゆ

oyakodonburi.jpg
親子どんぶり


ひと月8000円のおかず 小田真規子著 参照   
       
posted by さっとん at 19:16| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

気をつけよう!著作権

 このブログ記事を書く上に、‘気をつけよう!著作権’と大きく表示されてます。

著作権法では「著作物」とは「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」と定義しています。

たとえばyoutubeにテレビ番組などをアップロード(データを転送すること)した時点で、テレビ局の送信可能化権という権利を侵害したことになります。

また違法動画にリンクを貼ったり、自分のホームページにアップロードすることは、「自動公衆送信権侵害のほう助」にあたり違法行為になります。

 著作権者に承諾を得なければならないことになってますが、どうやって承諾を得るのかが明確になってないように思います。

 また無断で他人の写真をブログにのせるとパブリシティー権の侵害にあたることもあります。

もう著作権を知りませんでしたでは通る時代ではないように思います。


著作権にもいろいろ問題があるのですが、僕自身は、コンプライアンス(法令順守)を心がけていきたいと思ってます。

http://copyright-seesaa.seesaa.net/
     (著作権ガイドライン)
posted by さっとん at 22:35| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ポメラ

 昼前に図書館に行き、新潮と文春と日経PCを読みました。

 日経PC2月号に文具メーカー・キングジムの「ボメラ」の開発者である立石幸士(たていし たかし)さんの記事がありました。

「ポメラ」というのは、テキスト入力のみできる機器で、文庫サイズの小さな本体と折りたたみのできるキーボードというシンプルなものです。

 今誰もが持っている携帯電話には、メールやインターネットなどの通信機能、電子辞書、カメラ、テレビなどの機能が標準でついてます。

ただ本当にきれいな写真をとりたい人はデジカメを、音楽を聞きたい人はIpodをとすみわけがありました。

その中で「メモをとるツール」というのが、ぽっかりあいていたことに開発者の立石さんは気づきます。

激安パソコンなどで小型化されてもアダプターをつけると1キロほどの荷物になるのが普段から気になっていたそうです。

単四電池1本で何十時間も動くようにできないかとも考えました。

 役員会議では15人中14人は反対。
1人の役員だけ絶賛してくれて、「いますぐほしい」と言ってくれました。

「企画やアイディアは多数決で決めてはいけない」と思ったそうです。

昨年11月10日に発売し、品切れするほど売れているようです。

企画やアイディアは普段の生活の中で不便を感じたり、こんなふうなものがないかなというところから始まるのだと思いました。


キングジム  http://www.kingjim.co.jp/products/index.html
posted by さっとん at 15:39| Comment(0) | パソコン・WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

キャバクラの経済学  山本信幸☆☆☆☆☆

 名古屋の桜通りを歩いていると必ずキャバクラのチラシを女の子からもらいます。キスマーク

キャバクラを知らない人は性風俗店のようなイメージを持たれるようですが、実態は「擬似恋愛」を売りにしていると言えます。ハート

男というのは好きな女性のためなら金に糸目をつけないものですが、リストラ、セクハラ訴訟、コミュニケーションが苦手、金はそれほど持ってないなどマイナス要因だらけの人の救世主がキャバクラのキャスト(女の子)なのです。ぴかぴか(新しい)

 だいたい週一回で月10万円(プレゼントなど)のお金が必要です。                           ムード

 多くの男が、恋人の役を演じてくれるキャストと恋愛をしている感覚にはまります。ふらふら

ただしキャストと深い仲になれる人は、まずいません。もうやだ〜(悲しい顔)

キャストは、場内指名、本指名(成績になる)をしてもらうために新規の客には必ず携帯番号を書いた名刺を渡します。黒ハート

店側もキャストが電話営業しやすいようにイベントをたくさん設定します。

二度行けばよっぽど感性の鈍い男でない限りはまります。

お気に入りのキャストと食事や映画をみてから店に行く(同伴)を希望する顧客もいます。

 キャストも実績に基づいた実力主義であり、店長は女の子の悩みを聞いたり、食事をごちそうしたりして欠勤・遅刻などがないように管理します。

 42人に一人キャバクラに通うと1兆円の経済効果があります。                            わーい(嬉しい顔)

政府からキャバクラに行くチケットを支給すれば景気に効果的かもしれません?

キャバクラの経済学
posted by さっとん at 16:43| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

サンクコスト時間術 斉藤広達 著☆☆☆★

 サンクコストとは、事業に投下した資金のうち、事業の撤退・縮小を行ったとしても回収できない費用のことをいいます。

じたばたしてもどうにもならないことに対してどう対処していくかを具体例をたくさんあげて解説してくれてます。

著者は、エッソ石油、MBA、シティーバンクなどを経て、ゴマホールディングズの社長をされてます。(1968年生まれ)

 基本的には、

・残り時間(タイムプレッシャー)と標準作業時間の設定について紙面をさいて説明してくれてます。

時間を「量」と認識することが重要です。

ボクサーが3分ずつのトレーニングをしたり、職人が焼物や揚物、炒め物などの時間をきっちりわかっているように体に覚えさすぐらいのトレーニングが必要と説いてます。

 失われた10年とかいいますが、過ぎ去った時間を悔やむのではなく、残された時間で何ができるかをしっかり考えようというきっかけを与えてくれました。

自分が全日本のサッカーの監督になったとして、フランスに後半25分に痛恨の1点を入れられたとして、残り15分にどういう作戦を立てるか?

正しい答えというのはないのですが、「最善の答え」にエネルギーをすべて投入させることで打開できる可能性も生まれます。

 僕は残り30年働くとして、その30年の「最善の答え(ゴール)」を設定し戦略的に作戦を立てて突っ込むことでしか道は開けないことがわかりました。

ちなみに、このブログはいつも20分内で書き上げるようにしています。



サンクコスト時間術  
posted by さっとん at 19:04| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。